社会福祉法人杜の会 介護老人保健施設平和の杜は北海道札幌市西区にある介護老人保健施設です。

 

ブログ

 
フォーム
 
居宅介護支援事務所 所長にインタビュー(1)
2019-11-12

こんにちは!杜りんです。
先日ボクの仕事ぶりの確認をしに食堂の窓からパパが覗きに来ました。
もう!いつまでも子ども扱いなんだから!


ボクはちゃんと仕事ガンバっているよ!安心してね♪
ボクの立派な?(笑)姿を見て安心したのか、杜りんパパは悠然と森の中へ帰って行きました。

 

さて、今回は居宅介護支援事業所についてご紹介をさせて頂きます。
居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護を必要としている人が
適切な生活支援を受けられるようケアプランを作成したり、
各種介護サービスに関する手続きの代行や、
サービス提供事業所との調整をしてくれるサービスです。
平和の杜では高齢期の生活の様々な不安や困りごとに、
まずはお気軽にご相談頂けることを目指してサービスを提供しています。
居宅介護支援事業所の鈴木所長にお話を伺いました。

 

杜りん)本日はよろしくお願いします。

 

鈴木所長)よろしくお願いします。

 

杜りん)早速ですが居宅介護支援とはどんなサービスでしょうか?
サービスの目的や内容について教えて下さい。

 

鈴木所長)ご高齢の方が介護が必要となっても自分らしくご自宅での
生活を送ることができるように応援させて頂くことがサービスの目的です。
内容としましては、
①介護サービスのご相談対応
②介護サービス利用に向けてサービス提供事業所との調整
③様々な手続きの申請代行
④居宅サービス計画(ケアプラン)などの作成になります。

杜りん)サービスはどなたでも受けられますか?

 

鈴木所長)要介護1以上の認定を受けていることが条件となります。
認定を受けるには札幌市の場合、区役所の窓口や札幌市の公式サイトの
申請書・届出書ダウンロードサービス
 (クリックすると札幌市のHPへジャンプします)にて

『申請書』を入手し、
必要事項を記入の上お住まいの区の保険福祉課へ提出します(郵送での申請も可能です)。
申請後介護認定調査員がご自宅に訪れ、要介護認定を取得する本人や家族の状況を調査します。
それからかかりつけ医の意見書をもとに『介護認定審査会』で審査され、
要介護度が認定されます(原則30日以内に通知されます)。
ご利用料金は現在はほとんどの方が全額介護保険料から事業所へ直接支払われるため、
自己負担は発生しません。

 

杜りん)では実際に居宅介護支援を利用するにはどのようにしたらいいですか?

 

鈴木所長)まずは先程のお話の通り要介護認定を受けて下さい。
(要支援認定が出た場合は管轄が地域包括支援センター(クリックすると札幌市のHPへジャンプします)になります。

今回はこちらの解説は割愛させて頂きます)。
ご希望がありましたら面談実施後こちらで手続きを代行させて頂くことも可能です。
要介護度が認定され通知がきたら、区役所の保健福祉課でお住まいの地域の
居宅介護支援事業所を紹介してもらいます。
事業所はたくさんあるので選定については対応の丁寧さや雰囲気の良さ、
また実際に会ってみて契約するかを決めると良いと思います。
問い合わせをした居宅介護支援事業所から説明を受けたら、
ケアマネジャーを選定し居宅介護支援サービスの利用を開始します。
ケアマネジャーとは長いお付き合いになります。
ケアプランの内容や人柄を入念に吟味し、利用者様本人やご家族様にとって安心で
相談しやすいケアマネジャーを選定することが大事です。

 

杜りん)相談しやすいケアマネジャーさんは心強いですよね?

次回はどのようにケアプラン(介護サービス計画)が作成されるのかをお聞きます!
今日はありがとうございました。

 

鈴木所長)ありがとうございました。

 
ボランティア行事の話題ふたつ紹介!
2019-10-31
こんにちは!杜りんです。
今年はまだ初雪が降っていませんね。
札幌は昨年も10月に初雪はありませんでした。
このまま今年も10月の初雪がないと、2年連続は60年ぶりのことになるそうです。
とはいえ、寒さは必ずやってきます。
平和の杜でもインフルエンザの予防接種が始まっております。
来設の際は手指を次亜塩素酸水で消毒し、マスクを着用していただきますようお願いします。

また発熱・咳などインフルエンザを疑う症状がある方は、
ご面会を控えてくださいますよう、重ねてお願いいたします。
 
さて本日は行事の話題がなんと!ふたつ!
ひとつ目はコンサート、ふたつ目は人形劇です。順にお伝えしますね。
 
まずは『みっちーライブin平和の杜』。
みっちーこと札幌宮の沢脳神経外科病院の井上道夫先生にお越し頂き
10月25日に通所フロアで行われました。

通所の利用者様の他に入所からもたくさんの利用者様が観覧に集まり、会場はご覧の大盛況でした。
みっちーの甘く優しい歌声が会場を温かく包みます。
歌のジャンルも童謡、フォークソング、懐かしの青春歌謡、
ビートルズ、そして昭和の歌謡曲ととても幅広く、
誰もが口ずさめる選曲にとても盛り上がりました。
最後にいつも素敵な歌声を届けてくださることに感謝を込めてプレゼント。
ありがとうございました!
 
10月29日には新陵小学校読み聞かせボランティアの皆様が、人形劇を披露して頂きました。
劇のお題目は『三枚のお札』。そのあらすじは・・・
『むかしむかし、ある山寺の小坊主が、クリひろいに行きたくなりました。
「和尚さん、山へクリひろいに行ってもいいですか?」
小坊主が聞くと、和尚さんは答えました。
「クリひろいか。しかし、山には鬼ババが出るぞ」
「でも・・・」
小坊主が、どうしても行きたいとだだをこねるので、
和尚さんは三枚のお札を渡して、
「困った事があったら、このお札に願いをかけなさい。
きっと、お前を助けてくれるじゃろう」と、小坊主を送り出しました。』
・・・さて、小坊主は無事帰って来られるでしょうか?
お人形さん達のとても生き生きとした動きに、
場面ごとに声の大きさやトーンを変えて演じられていて、
利用者の皆様も真剣な眼差しで食い入るように観賞されていました。
新陵小学校ボランティアの皆様、今回も楽しいお話をありがとうございました!
 
秋の運動会
2019-10-25
こんにちは!杜りんです。
今週に入って平和の杜の周りにも雪虫が大量に飛び交っています。
雪虫はアブラムシの仲間で8~9月に産卵するのですが、
今年の猛暑で繁殖力が高まり例年の1500倍繁殖しているそうです。
口に入るとアレルギー反応で喘息の引き金になることもあるそうなので、
マスクをして対策をした方がいいかもしれませんね。
 
さて、今月は入所の2階3階それぞれで秋の運動会が元気に行われました。

紅チーム白チームに別れてハチマキを巻いて準備は万端です。
気合い十分の表情に見えるのは気のせいでしょうか(笑)。

まずは準備体操でしっかり身体をほぐします。
さあ身体も暖まりました。
最初の競技は…紅白対抗玉入れです!
選手の皆さん、お手元に玉の準備はできましたか?よーく狙って下さいね。
では、始め!
全員で一斉にカゴを狙います。
紅チームも白チームもどっちもガンバって!ハイ、終了です。
では一緒に数えていきましょう、いーち、にー、さーん、さあ結果は?…白チームの勝ちでした!
 
続いての競技はボールリレーです。

湯飲み手のひらサイズのゴムボールをお互いの湯飲みから湯飲みに移して回していきます。
上手にできるかな?よーい、始め!
湯飲みからボールをこぼさないように気をつけて…どっちが早いかな?
お、お、接戦です!今ゴール!なんと引き分けでした。
 
続きましては、熱戦が繰り広げられる借り物競争です。
今回はお題の中に『モノ』だけではなく『看護師』『係長』『司会者』などの
『ヒト』が入って大盛り上がりでした!
ゴールしたらお題の借り物(人)と仲良く一緒にパチリ。
こちらも全員の笑顔が1等賞です!
 
他にもパン食い競争、パットパットゴルフ、風船リレー!
さあ紅白対抗戦、最終結果は…。
まあどちらも勝ちでいいでしょう(笑)。
 
秋の運動会、とても盛り上がり楽しい会になりました。
 
秋を満喫バイキング
2019-10-17
こんにちは!杜りんです。
10月も半ばに差し掛かり段々冷え込むようになってきました。
平和の杜の周りも一気に紅葉が進み、週末あたりが見頃でしょうか。

杜りんもそろそろ冬を迎える支度を始めたいと思います。
 
さて秋といえばなにを思い浮かべますか?
芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・
色々ありますが、今週の通所リハビリテーションの行事は食欲の秋を楽しもう!
題して『秋を満喫バイキング』ということでその様子をお伝えします。
 
お昼ご飯に合わせて用意された色鮮やかなオードブルは
グラタンや茄子の煮浸し、カボチャの煮物にお漬け物。
その他にも天ぷらやお魚のフライ、熱々の豚汁に栗ご飯!
美味しいメニューがいっぱい。
利用者様からは連日好評で皆様にたくさん召し上がっていただきました。

美味しいものをおかずに会話も弾んだようで、
食欲の秋を満喫、笑顔溢れるバイキングとなりました。
 
 
薬石の足癒(あしゆ)のご紹介
2019-10-11
こんにちは!杜りんです。
ラグビーワールドカップが盛り上がっていますね!
杜りんもすっかり夢中です。

日曜日にはいよいよベスト8をかけてスコットランドとの大一番を
杜りんも全力で応援します!
 
 
さて本日は、以前にもホームページでご紹介したことがある
『薬石の足癒(あしゆ)』コーナーを
その魅力と効果を存分にお伝えするべく、改めてお知らせいたします!

平和の杜正面入り口から入ってすぐ、売店の向かいに設置されているこのセラミック足湯は、
「濡れない足湯」として、私達のような施設ばかりでなく広く一般にも販売されており、
手軽に足湯気分を味わえる岩盤足浴です。
 
遠赤外線を放射する天然鉱石の岩盤石が敷かれた特製の木枠の中に、
遠赤外線を発するセラミックボールをお湯代わりに敷き詰め、
電熱ヒーターで温まった岩盤石の熱を利用して蓄熱させる仕組みです。
ご利用の際は、衛生上の観点から靴下を履いた上から備え付けの
ビニール袋を履いて足を入れて頂きます。
遠赤外線の効果で10分程の「足浴」で体の芯まで暖まります。

冷え性からくる体の不調には、基礎代謝の低下・内臓機能の低下・免疫力の低下・
血行不良・自律神経の乱れ等があると言われ、体を暖めることが大事とよく言われ、
その温熱効果(血行促進、むくみ改善、冷え性、疲労回復等)が期待できます。
 
いつも利用されている方に感想を聞きました。
週2回通所リハビリテーション利用のI様(女性)
「夜寝るまで足がポカポカです。血流が良くなって麻痺している足に
とてもいいです。週二回やめられない!!(笑)」

同じく通所リハビリテーション利用のS 様(女性)
「私は夏の間、足癒をお休みしていたけど、
又始めます。最近足が冷たくて。暖めると調子が良くなるから」
このようにとてもご好評を頂いております!
 
入所の利用者様に面会に来られた際ご家族様とご一緒に
又は送迎バスの時間までちょっとの合間に是非お試し下さい!
 
qrcode.png
http://www.morinokai1001.jp/
モバイルサイトにアクセス!
022598
<<社会福祉法人杜の会 介護老人保健施設平和の杜>> 〒063-0029 北海道札幌市西区平和420番地 TEL:011-668-2020 FAX:011-668-2525